具体的な運用アドバイスを中心とした確定拠出年金セミナーをご提供します!!

確定拠出年金継続教育での確定拠出年金セミナー、運用セミナー、ライフプランセミナー、および具体的な運用アドバイス 

アセットアロケーションってなに?

運用に関する基本

アセットアロケーションってなに?

 アセット・アロケーション(Asset Allocation)とは、一言でいえば「資産配分」のことで、ポートフォリオを組んでいく場合に、各種の資産(債券や株式など)にどの程度配分すればよいかを考えることであり、ポートフォリオ理論の発展形態となります。

 ポートフォリオ理論が同一資産(たとえば株式)内で効率的な組合せを考えるのに対して、アセット・アロケーションでは異なった資産の組合せを対象とすることになります。

 異なった資産を拡大することによって、同一リターンであればリスク最小、同一リスクであればリターン最大の組合せを考えることになります。こうした考えをさらに進めて、資産は同一でもどの国(あるいは市場)にどの程度配分すればよいかを考えることをグローバル・アロケーションといいます。

 ただし、資産配分は一度決めてしまえばそれで終了するということではなく、各資産の動き、市場の動き、国の動きなどは絶えず変化しているので、常に資産配分の見直し(メンテナンス)が必要になってきます。

 ポートフォリオ理論の本質は分散投資の効果を説明したことです。さらに、発展して投資家は投資しようとする先(アセットクラス)の最適な組み合わせを考えなければなりません。それがアセットアロケーションです。

 アセットアロケーションを一言で表すと「その人にあった、最小限のリスクで、最大限のリターンを提供するポートフォリオ」と表現できます。

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional