具体的な運用アドバイスを中心とした確定拠出年金セミナーをご提供します!!

確定拠出年金|確定拠出年金継続教育セミナー・確定拠出年金運用アドバイス

個人型確定拠出年金(iDeCo)|確定拠出年金継続教育セミナー・確定拠出年金運用は FSP へご相談ください

FrontPage

個人型確定拠出年金(iDeCo)運用サポート!!

画像の説明

確定拠出型年金とは

確定拠出型年金は、自分で将来の老後資金(年金)を準備する制度です。個人型は、そのための拠出金を自分で準備しますが、拠出額は所得控除の対象となります。


個人型確定拠出年金制度は税制面にメリットがあります。

いわゆる「入り口」「中間」「出口」で税制メリットがあります。

画像の説明
拠出時(入口)運用時(中間)受取時 (出口)
所得控除運用益非課税退職所得控除等
詳細説明詳細説明詳細説明


大事なのは税制優遇ではなく運用で資金を殖やすことです...

画像の説明

確定拠出年金は、自分で自分の老後資金を準備する制度です。豊かな老後を過ごすには、3,000万円~5,000万円必要だとも言われています。

確定拠出年金制度は、あくまでも公的年金制度を補完するものです。公的年金制度で足らない分を確定拠出年金制度で補うとされています。それゆえ確定拠出年金制度は60歳から受け取ることができます。

ただ拠出金額には上限があり、大きな老後資金を準備するには、貯蓄手段ではとても届かないことが予想されます。

どうしても運用という手法を考慮しないと、大きな老後資金は準備することはできないと言えます。

確定拠出年金では、運用を勉強し、運用を味方にすることが重要だといえます。

確定拠出年金制度での運用とは、拠出金を元本確保型でない商品に振り分けることです...

元本確保型でない商品とは投資信託です。投資信託は「安値」で買って「高値」で売る商品です。投資信託の基準価格が下がっているときに買い、上昇していったときに売ることで、収益を得るのです。

つまり、買ったときよりも値段が上がる環境で有益な商品です。


確定拠出年金での運用は毎月積立が基本です...

毎月一定額を積立運用するシステムとなっていて、ドルコスト平均法を基本としています。

☞ドルコスト平均法

将来の値動きは予想するのは難しい。そこで、一定の間隔で一定の金額を継続的に投資することで、価格が高いときには購入数量が少なく、逆に低いときには多くなるようにすることで、毎回一定量を購入するよりも平均取得価格を低く抑えることができるという、投資時期の分散です。これを「ドルコスト平均法」と言います。

具体的な効果は → 


個人型確定拠出年金制度Q&A

○個人型に加入するにはどうすればよいのですか…
○そもそも確定拠出年金制度とは…
○国民年金保険料と個人型確定拠出年金との関係は…
○国民年金基金と個人型確定拠出年金との関係は…
○小規模共済制度と確定拠出年金制度との関係は…
○個人型の場合の運用実績の把握の仕方は…
○個人型の運営管理機関の選び方は…
○拠出金が払えなくなったらどうなるの…、掛金の変更は可能ですか…
○個人型年金での費用(コスト)は…
○結婚・離婚・転居等、加入時の環境が変わった場合は…
○実際の自営業者・サラリーマンの個人型年金の活用例は

2時間10,800円(税込)
 相談内容に納得がいかない場合は、全額返金いたします(返金保証)。

メール相談

 遠方の方は、メールでもお受付いたします。メール送信後の方の電話でのご質問対応も可能です。メール受取り後、1~2日以内にご回答申し上げます。ご質問受付けの電話番号は、メールでのご回答時にお送りします。

メール相談受付手順
   1、メールにてご質問を受け付け
   2、指定口座をお送りします。
     相談料5,250円をお振込みください 
   3、何度かヒアリングでのメール交換後
     PDFでご回答をお送りします。
   4、質問受付け電話番号をお送りします

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional