具体的な運用アドバイスを中心とした確定拠出年金セミナーをご提供します!!

確定拠出年金継続教育での確定拠出年金セミナー、運用セミナー、ライフプランセミナー、および具体的な運用アドバイス 

投資信託とは何か

運用に関する基本

投資信託とは何か

 投資信託は、不特定多数の人(投資家)から小口(1万円から)の資金を集め、その資金をまとめて株式や債券などで運用し、その収益を投資額に応じて投資家に分配するもので、株や債権を個別銘柄事に買うわけではなく手軽に購入できます。

 投資家から集めた大量の資金は、多数の銘柄・商品に分散して投資され、運用はプロのファンドマネージャーが行ないます。特定の銘柄への集中的な投資はリスクが大きくなりますが、分散して投資することにより、リスクを抑えながら高い収益を得ることが可能となります。

 投資信託によって違いますが、実際の運用は、国内はもちろん、アジアやヨーロッパなど、世界の金融・証券市場で行なわれています。

 投資信託は、投信販売会社(主に証券会社)が不特定多数の投資家に対して、投資信託の募集と販売を行い、その資金を委託会社(主に投資信託委託会社)が受託会社(信託銀行)に信託し、その信託財産の証券市場での運用の指図を行い、信託財産の運用により発生した成果を、投資家に分配するものです。それぞれの役割は次の通りです。なお、受益者が投資家、投資信託を購入する人です。

 たとえ販売会社である証券会社が倒産しても、預けたお金は信託銀行に保管されているので安心。信託銀行が倒産しても、信託銀行は、自己資産と預り資産は別管理を義務づけられているので安心。ただし、預けた額の元本保証はないので、そのときの相場価格(時価)となります。

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional