具体的な運用アドバイスを中心とした確定拠出年金セミナーをご提供します!!

確定拠出年金継続教育での確定拠出年金セミナー、運用セミナー、ライフプランセミナー、および具体的な運用アドバイス 

株式とは何か

運用に関する基本

株式とは何か

 株式投資は、一つの会社を応援するようなものです。その会社の業績が良くなれば、その会社の株を買った株主(投資家)にも、利益の還元があります。利益の還元の仕方には2通りあります。

 一つは、持っている株数(投資額)に応じて、配当金をもらう方法(株式配当=インカムゲイン)と、業績が上がって、世の中(市場)での評価が上がり(株価が上がって)、持っている株を売ることでその差益をもらう(売却益=キャピタルゲイン)方法とがあります。

 株を買うことは、その会社に疑似就職するようなものでもあります。就職前は、必ずその会社の過去の業績や職場環境を調べ、自分に合っているかどうかを判断し、就職します。就職すると、自分の会社に関係のあるニュースは気になるものです。株式投資も同じです。
 
 さて、株主にはさまざまな権利があります。
  ① 経営参加権(会社の経営に参加する権利)、
  ② 利益配当請求権(会社から利益の配当を受ける権利)
  ③ 残余財産分配請求権(会社が解散したとき、残った財産を分けてもらう権利)
の3つがあります。

 日本全国には無数の株式会社がありますが、だれでも自由に投資できる会社は、証券取引所に上場している会社、または店頭市場に公開している会社などに限られています。そして、不特定多数の人が株式を自由に売買できるようにすることを「株式の公開」といいます。

 つまり、株式を買ったり売ったりする場所、また、会社が投資を求める場所のことを、株式市場と言います。実際に株を売ったり買ったりするのは証券会社で行います。証券会社を通じて、株の売買をするところです。

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional