具体的な運用アドバイスを中心とした確定拠出年金セミナーをご提供します!!

確定拠出年金継続教育での確定拠出年金セミナー、運用セミナー、ライフプランセミナー、および具体的な運用アドバイス 

為替とは

運用に関する基本

為替とは

 為替とは、現金の輸送を伴わないでお金のやりとりをすることです。現金を使わない手形や小切手でのお金のやり取りが為替取引きです。銀行や郵便局口座の振替・払込みもそうです。

 この為替取引の中でも、海外とのお金のやり取りを外国為替と言います。日常では、為替と表現した場合は、この外国為替取引のことを意味することが多いです。

 日本で流通しているのは日本円です。海外へ旅行する場合や外貨投資を行うのなら、日本円を外貨に換える必要があります。つまり、海外取引においては、この為替(外国為替)が重要になります。

 海外とお金のやり取りをする際には、貨幣を交換しますが、国の経済力に違いがあるので、単に通貨を「1対1」の同等で交換することはできません。そこで、通貨の交換での取決め「為替レート」が発生します。

 通貨の価値は、国の経済力により異なります。経済力の弱い国の通貨と強い国の通貨を交換するには、一般的には、弱い国の通貨の量のほうが多くなります。つまり、経済力の強い国側の通貨のほうが「高い」ことになります。

 経済力の強さは、株価によって表れます。株式市場が元気な国は、経済が強いと言えます。経済の強さを数字で判断するには、株価が上昇していること、政策金利(中央銀行が決める金利)が高いことに表れます。

 通貨の価値は、常に、2つの通貨の比較になります。たとえば、日本円と米ドルを比較して、アメリカの経済力が強ければ「ドル高/円安」となります。あくまでも二国間の通貨の交換ですから、その両国のどちらの経済力が強いかで、為替レートは決まります、二国間の経済力な比較で決まります。

 この二国間の通貨のやり取りを「相対(あいたい)取引」といいます。為替取引は、常にこの相対取引となり、必ずどちらかの通貨の価値が高い、低いと、優劣をはっきりすることになります。

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional